FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2016/03/27 - Sun -  18:44
未来への遺言
今日は一日中曇り空、、だけど、春のぬくもりを感じる一日だった、、。

あるニュースによると、
被爆地長崎で、憲法を考えるとき、原爆の地獄をみた人々が、
新憲法をどんな思いで、受け入れたか知っておくことは重要だ、、。
幼子二人を抱え、原子野で闘病生活をおくった永井隆博士の言葉は、、
第9条に戦争放棄をうたう新憲法を「これこそ戦争の惨禍に目覚めた
本当の日本人の声だ」と歓迎した、、。「心の底から戦争は嫌になり
二度と再び、この恐ろしい過ちを犯したくないと思って、戦争を棄てたのであった」
同時に博士は第9条が危機に瀕する日の到来も予感していた、。
「国際情勢次第では、日本人の中から、憲法を改めて、戦争放棄の条項を
削れ、と叫ぶものが出ないとも限らない、」と述べ、「理屈はなんとでもつき、
世論はどちらへもなびくものである」と懸念した、。
そこで、幼子に訴えた、「そのときこそ、誠一(まこと)よ、茅乃(かやの)よ、
たとい最後の二人になっても、どんなののしりや暴力を受けても、きっぱりと
{戦争絶対反対}と叫び続け、叫び通しておくれ!」それは、未来への遺言でも
あったろう、、。

参考ー長崎新聞

また、原発再稼働ストップ等を呼び掛ける大規模集会が、二十六日東京渋谷区
の代々木公園であった、。約3万5千人が集まり、「原発のない未来へ」
「つながろう福島」と訴えた、、。
原発輸出推進や、安全保障関連法施行など、安倍政権の政策に触れ、
「私達はなめられている」「それが日本人の意思であるように言う政治家
らをこのままにしておいていいとは思わない」と憤った、。

参考ー東京新聞

関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  気になったニュース  *  THREAD THEME :  ニュース
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR