FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2016/03/24 - Thu -  20:05
道端の花
今日は曇り後晴れの少し肌寒い春の天気だった、、。

道端に春の花が咲いていた

ひっそり咲くその花は
眩しい光りを放っていた、、

君の心の輝き

名も知れないその花は
誰にみせるための輝きだろうか、、?

2016032404

誰にみせるために咲いているのではない、、
小さな一つの輝きは、
小さな命の輝き、、、

誰にみせるためにではなく、、
誰に微笑むのではなく、、

そして、、誰に認めてもらうわけでもない、、!

生きるための、、
密かな力を放っている

その輝きこそ尊く普遍の力

誰に褒めてもらうわけでもない
燃え尽きるまで、、
たった一つの命の輝きを放つ

どうか、、踏みつぶさないで、、、、!




関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 短い、短い詩  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR