FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/12/05 - Sat -  22:25
悪魔の火またも着火恐れ
今日は晴れだけど、寒い一日だった、、。
クリスマスの気持ちに日に日に近づいてくるような一日だった、、。

あるニュースによると、、
福井県高浜原発の再稼働に向けて大詰め迎えているようだ、、。
福井県高浜町の野瀬豊町長が原発再稼働に同意した、、。
町長は、「あくまで安全に運転することが前提だ」ということらしい、、。
町民からの意見と周辺住民の声は、、「危険がないのなら構わない」と言う意見と
京都府舞鶴市民は、「京都の意見が反映されていない」と不満を訴えている、、。

参考ー福井新聞

次々と着火しそうな悪魔の火、、原発は、周辺住民には経済的活動の場となってしまっている、、。
いままでの、原発安全神話が地元住民に定着し、怖い消すことのできない火種が燻っている、、。
むしろ、補助金を投入するのは、逆ではないだろうか、?
「原発停止、廃止、した自治体に補助金を出すのが、筋道ではなかろうか、、?」
元々欠陥だらけの原発に「安全」という言葉は当てはまらない、。

なぜ、、原発は再稼働しなければいけないのか、、?
再稼働を急ぐ理由は、原発は、「不良債権である」と言われる、、。
その理由は、原発は一基当たり、三千億から五千億ぐらいの建設費がかかります、
何基も建てると、、兆単位の借金を負うことになります、、。
原発は、普通の機械と違って、放置しておくと危険だから、多額のメンテナンス費用がかかります、。
つまり、原発は危険で動かせない状態になると、利益を生まない一方で、借金返済とメンテナンス
費用だけがかさんでゆく、不良資産と化してしまうのです、、。

参考ーEXCITEニュース

また、日本では、長崎、広島の原爆の被害に遭い、その上、福島の原発事故を
経験し、唯一の原子力の恐ろしさを身に於いて経験している国である、、。
その日本が再び原発を再稼働しているのを見て不思議な恐ろしい感覚を覚える、。
このことは、福島の原発事故を見て、地震もなく、技術も優れ、その上、自国では、、
原発事故も経験していないドイツがキッパリと原発を廃止することを決めたこと、。
ドイツから日本の現状を距離を持ってみるとよくわかる、。
また、原発についての考え方も学び取ることができるだろう、、、、!

参考ーTHE HUFFINGTON POST

また、こんな意見もある、、!
参考ー日本の原子力発電の今後

また、日本では、醜いお金の繋がり、、安倍自民党と各企業がお金で繋がりを
見せている、、。

参考ー朝日新聞

関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  許されない出来事  *  THREAD THEME :  ニュース
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR