FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/02/09 - Sun -  21:23
NHK擁護の矛盾
最近のニュースで
NHK籾井会長の発言を擁護するニュースが飛び交う、、。
何故、こんなにも、道徳的意識が薄れているのか、、?メディアに対する
不信感は募る、、。
あるニュースでは、、
籾井氏はまず、「慰安婦は今のモラルでは悪い、僕はいいと言っている訳ではない」
と前置きしています、、。
したがって、「現在の認識」としては慰安婦は「悪い」と言っているのであって、
「いい」といったわけではありません、、。

このような道徳的観点は、、現在、過去を問わず普遍である、、。
このような、道徳的観点は、人類有史以来、変わることの無い問題点であり
女性蔑視の考えは、人類が平和や人権問題を考える上での妨げとなってきたのは
間違いない、、。
女性の社会進出によって、、平和な国家や自由平等で人権が守られる
国家を樹立できたことは、間違いない、、。

つまり、今のモラル、過去のモラルと言うこと自体、それ自身に矛盾が含まれている、。
このように、過去から現在、女性蔑視の考え方を持つモラル自体が問題であるのだ、、。
女性の社会進出がなかったら、今のような進んだ文明には成らなかっただろうし、
平和で、自由で平等で、個人の人権が守られる国ができたのも、女性進出のおかげである、。
つまり、、今のモラルと言うこと自体、女性蔑視の考え方である、、。
このような感覚の持ち主が公共放送のトップとなっていいのか、、?
女性蔑視もいいとこだ、、!
さらに、個人的見解がどうのこうのといっているが、、
私達には関係ない、、私達庶民の知る権利は保障されなければならない、、。

放送法は、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることである、、。
また、番組編集についての通則として、何人からも、干渉、規律されないとし、、義務として、
公安、善良な風俗を害しない、政治的公平、報道は事実をまげない、意見が対立している問題は
できるだけ、多くの角度から、論点を明らかにすること、、、、。
政治的公平は、、忠実に守らねばならぬことであって、、
私達庶民の知る権利、、自由な思想を守らなければならないことである、、。

NHKはこのことを胸に手を当て、、自分で考えてみろ、、、!

参考ー産経
関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 世の中の矛盾
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR