FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/02 - Fri -  21:42
別世界からの絵葉書
あるニュースのよると、、
また、阿部首相の過激思想が表面化しているようだ、、!
「平和」名目に武器輸出促進、防衛装備庁が発足した、、。
戦後の武器禁輸策を転換し、武器輸出を原則解禁した防衛装備移転三原則に
基づく組織で、官民一体で武器輸出を促進する司令塔となる、。
防衛省は装備庁の意義について、「装備品調達コストの削減や国内の防衛産業の育成
につながる」と説明、。だが3原則のうち「紛争当時国への輸出を認めない」とする原則は、
相手国が日本の事前同意なしに再輸出したり目的外使用したりする事例を認めており、
日本製の武器や部品が知らない間に紛争地で使われる余地がある、、。

これは、、まさに、、軍事国家(私の意味は、アメリカ等のように、軍事中心に動いている国)
になろうとしている、、!
平和憲法の下、粛々と平和を邁進してきた日本が、阿部の手によって
平和憲法を踏み躙られ、、危険極まりない軍国主義国家に舵をとろうとしている、。

参考ー東京新聞

だけど、、宇宙に目を向けると、、私達のロマンは絶えることがない、、
日本は、世界は、軍拡競争よりも、、もっと人間らしい平和なロマンに知力を
集めるべきではないだろうか、、?

あるニュースでは、、
土星の衛星エンケラドスに氷に包まれた表面の下に
全球を覆う海が存在するかもしれない、、。
地球外生命探査の候補を探す研究者にとっては朗報だそうだ、。
エンケラドスには、間欠泉があり、宇宙空間に向かって、塩分と
有機分子を噴出している(これを「プルーム」と言う)。
エンケラドスについては、プルームこそ確認されたけれど、
それが、長い年月にわたって存在している海に由来している
証拠はほとんどなかった、。
けれども、今回の発見のように、、エンケラドスの海が全球を覆っているのなら
長期にわたって安定に存在できるため、微生物が誕生している可能性がある、。
「全球を覆うほどの海を一時的な現象として説明するのは困難です。
生命が誕生している可能性にとって、プラスの材料となります、。」
と、ハンド氏は言う、。

enkeradosu

今回のエンケラドスの他にも、氷の外郭の下に海の層がある天体は
いくつか知られている、。例えば、木星の衛星であるエウロパやガニメデは、
木星や他の巨大惑星の重力の影響で発生する熱により、内部海が液体の
状態を保っていることが分かっている、。
一方、土星の衛星エンケラドスについては未知の部分が多い、。
海の深さも、海が液体でいられるための熱の発生要因も、
南極の氷の外郭だけが、間欠泉が噴出するだけ薄くなっている理由も
分かってはいない、、。
「エンケラドスの海とその下の惑星物理学的活動をめぐる秘密は、
氷の外郭によって覆い隠されているのです」
地球から打ち上げられた探査機が、宇宙を旅してこれら小さな氷の天体に
接近するたびに、私達は、こうした天体の成り立ちを理解できていない
ことを痛感させられる、。
これから、数十年間、数多くの探査機が太陽系の様々な天体を探査して、
その秘密を明らかにして、旅先から別世界の絵葉書を送ってくれることだろう、、、!

参考ーナショナルジオグラフィックニュース

まだまだ、、未知な太陽系、生命の星地球以外にも、、
生命が誕生している可能性は多い、だけど、その確証はつかめていない、。
この宇宙には、、きっと私達地球文明より高い文明を持つ星が
数多く存在するだろう、、!
きっとその人達は、、野蛮性も克服できていることだろう、、!
そうでなければ、、この広大な宇宙を旅する技術は生まれないだろうから、、!

私達地球人が自由に太陽系外へ宇宙旅行できる日は、いつ訪れるのだろうか、、?


関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 科学  *  THREAD TITLE :  自然科学  *  THREAD THEME :  学問・文化・芸術
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR