FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/09/17 - Thu -  13:42
地球のレシピ
今日は休み、、、、
朝から雨が降り、そして段々と晴れ間が出てきて、
昼からは残暑の太陽が照りつける天気になった、、。

すっきりしない気分、、だけど、君のぬくもりで
私は癒される、、。

日本は、安保法案が大詰めを迎えている、、。
多くの矛盾を抱え、違憲と言われる法案が、多数の学生達や学者ら他の
廃案を求める反対の中、、大詰めを迎えている、。
阿部様が、、よく口にする、、周囲の状況の問題や将来の徴兵制はあり得ない等
と言うが、この人物が何を言っても信ずることができない、。
既に、2002年では、、阿部が、「核兵器を持っても、違憲ではない」とまで言っている。
恐ろしい日本の首相だ、、!
メディアは、この事実を伝えていたのだろうか、、?恐ろしく不気味に思える、。
これらを承知で、日本の庶民は、選挙で阿部自民党を選んだのだろうか、、?
やるせない気持ちで、、、、胸が詰まる思いだ、。

この日本は、世界は、地球は何処へいくのだろうか、、?
広大な宇宙に目をやると、、まさに、、さ迷える文明だ、、。

earth123

あるニュースによると、生命溢れる地球のレシピが載っている、、。
太陽系を造る実験をしたとしよう、。生まれて間もない太陽系内部の
温度や気候、水等の成分をほんの少し変えてみる、。
それだけで、現在の地球を初めとする他の惑星は、全く違った
歴史をたどる可能性がある、。例えば、生命は地球ではなく、、
金星に生まれたかもしれないし、あるいはそのどちらでも、存在しなかった
かも知れない、、。今まで、一般的には、地球に生命が誕生したのは
地球が、太陽からの距離と、その質量が”ちょうど良かった”ために、
生命にとって、快適な気候がもたらされたのが、その原因だとされていた、。
しかし、最近の研究では、その快適な気候を造り出すには、別の要因が
関わっていたらしいことが分かった、、。鍵を握るのには惑星がたどって来た
歴史だ。「どうやって、現在の位置にとどまることになったのか、、?どのようにして
誕生したのか、、?どのようにして発達してきたのか、、?それらを知ることが
大切です」と言う、。
地球にとって大きな転換期となったのは、、隕石が激しく降り注いだ初期のころ
だったという、。隕石の衝突によって、熱を発生させる放射性元素が地表から
剥がされたことで、地球の温度が下がった、、。
またそれと同時に、地球の内部にあって温度調節をしてくれるプレートテクトニクス
の動きが活性化したしたのではないのかといわれている、。
これらにより、地球に快適な気候がもたらされたのかもしれない。

しかし、生命の生存を支える環境が、永遠に続くとは限らないと言う、、。

「私達の太陽系はかなりの変わり者であることだということです、。
そのうち、地球を基準として理解していたことが、真実ではなかったと
いう日が訪れるかもしれません」

参考ーナショナルジオグラフィックニュース

だけど、、生命の誕生にしてみると、
生命は、どんな環境でも誕生する可能性があるし、、
この宇宙には生命の素が無限に存在する、また想像できない、組成で
誕生する可能性もある、、、!

参考ーRyouichi's World

このように、宇宙に目をやると、、地球人類の愚かな野蛮性が
とっても、、憐れみのように映る、、、!


関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 科学  *  THREAD TITLE :  自然科学  *  THREAD THEME :  学問・文化・芸術
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR