FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/09/09 - Wed -  16:54
月面都市
今日は曇りで、、夕方には晴れ間が広がり
太陽が少しだけ顔を出した、、。
台風も影響なく、、私の村は、、すっかり秋らしくなった、、!

あるニュースによると、、
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、月面への着陸を目視す
無人の小型探査機を2018年にも打ち上げる計画を進めている
ことが分かった、。計画案では、探査機「SLIMU(スリム)」を
18~19年度にも小型ロケット「イプシロン」で打ち上げる。
JAXAの宇宙科学研究所などが、スリムの開発を進める。
月面クレーター等の位置を推測しながら航行する技術などを載せ、
高い着陸精度を達成する予定だ、。

参考ー日経新聞

これらの技術は、軍事目的に利用されてはならないのは、もちろん
宇宙は私達人類の果てない夢であり、ロマンである、、。
醜い争いを止めて、人類が共に手を携えて、宇宙に夢を求めて初めて
私達人類の文明が進化する、。
現在のままのようすでは、宇宙旅行等の人類の夢は、遠い遠い、場所に
あるような気がする、、。
これは、すなわち国策ではなく、、地球人類の叡智を集めた、
人類共通の夢の集合体でなくてはいけないだろう、、!

getumennkiti

地球人類がだれでも、簡単に月旅行ができたり、宇宙を楽しむことができる
時代はいつ訪れるのだろうか、、?

現在有人宇宙旅行で、月に到達するには、膨大な費用がかかり、それに対する成果も
少ないとして、月探査や惑星探査には、無人探査機を用いることが主流になっているが、
やはり、有人探査の方が成果は高いと考えられている、、。
月面基地は有人探査を阻む、費用対策効果を解決するために、作られる、。
月面に有人の基地があれば、月に関する詳細なデータを収集することが出来、
さらに、他の惑星への有人探査の基地と成ることができるため、各国に於いて
現在、検討されている、。さらに、月面基地が完成し、本格的稼働が始まれば、
月への人類の居住が始まり、それに伴う新たな資源採掘が始まれば、
人類のエネルギー問題にも明るい兆しが見える可能性もある、。
また、月の重力は、地球の6分の1であるため、宇宙ステーションの無重力
状態とは、また違った実験ができる可能性もある、、。

getumentoshi

月面都市構想、それは遥か未知な道の分野への冒険だが、
それは、同時にいつか来るに違いない日のために、月における工学的
な意味を問う壮大な建設的ロマンである、、。
この夢が実現するのは、いつの時代になるのだろう、、、!

参考ー月面都市


関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 科学  *  THREAD TITLE :  自然科学  *  THREAD THEME :  学問・文化・芸術
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR