FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/01/30 - Thu -  22:59
STAP細胞
最近のニュースでは
理化学研究所が、全く新しい「万能細胞」の作製に成功した、、。
マウスの体の細胞を、弱酸性の液体で刺激するだけで、どんな細胞にもなれる
万能細胞に変化する、、。
いったん役割が定まった細胞が、この程度の刺激で万能細胞に
変わることは、ありえないとされていた、。
生命科学の常識を覆す画期的な成果だ、、。

参考ーSTAP細胞

哺乳類の発生過程では、着床直前の受精胚の中にある未分化の細胞は、
体の全ての細胞に分化する能力(多能性)を有しています、。
ところが、生後の体の細胞(体細胞)は、細胞の個性付け(分化)が既に運命付けられており、
血液細胞は血液細胞、神経細胞は神経細胞などの、一定の細胞種類の枠を保ち、
それを越えて変化することは原則的にありません、、。
即ち、いったん分化すると自分の分化型は以外の細胞を生みだすことはできず、
分化状態の記憶を強く保持することが知られています、。
今回、研究グループは、こうした体細胞の分化型を保持している制御メカニズムが、
強い細胞ストレス下では、解除されることを見いだしました、。
さらに、この解除により、体細胞は「初期化」され多能性細胞へ変化することを発見しました、。

植物では、分化の状態の固定は必ずしも非可逆的ではないことが知られています、。

分化したニンジンの細胞をバラバラにして成長因子を加えると、カルスという未分化な
細胞の塊を自然と作り、それらは茎や根などを含めたニンジンの全ての構造を作る
能力を獲得します、。
しかし、動物では細胞外環境を変えるだけで、未分化の細胞へ初期化することは起きない
と一般に信じられてきました、、。
小保方研究ユニットリーダーを中心にする研究グループはこの通説に反して、
「特別な環境下では、動物細胞でも自発的な初期化が起こりうる」という仮説を立て、
その検証に挑みました、。

参考ー体細胞の分化状態の記憶を消去

この研究は、生命の不思議の謎に一歩迫る成果であることは間違いない、、!
自然な形で、体の成長メカニズムの謎に迫ることに期待する、、、。

さらに進んで未来では、物理的、科学的な刺激でなくても、他の方法での刺激により
病気や怪我などの自然治癒が可能であることが証明されることを期待したい、、。
関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 科学
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR