FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/01/03 - Sat -  23:44
奇跡を信じて
彼は大海を旅した
たった一艘の小舟で
何かを求めて

嵐が来る
冷たい雨が降る

何度も何度も潰されそうになる小舟
だけど、、彼は懸命にろを漕ぐ

嵐はやがて、止む
彼の小舟は辛うじて潰されなかった

だけど、行っても、行っても、果てしない大海は続く

奇跡を信じない彼は、、
「もう、、だめか、、?」と思った

だけど、、彼は、
そこに奇跡を見たようだ

hikaruishikoro098

小さな、、小さな島が見える

そこにはきらきら光る砂浜があった
彼はそこにある、きらきら光る石ころを拾った

その石ころは、、どんな宝石よりも
美しく、優しく、あたたかく光る石ころだった

その石ころは人の心のように淡く、光っていた

彼はその石ころをポケットに入れて
島を歩いた、、、!

やがて彼は湖を見つけた
そして、、彼は花咲く湖のほとりで休んだ

mizuuminohotoride

甘い風が吹く

優しい優しい花たちの香りと
天使のように優しくさえずる小鳥達に包まれて
彼はそこで横になった

ポケットからは
優しくあたたかい、ぬくもりが
彼の体を包んだ

遠くから、、子供達のはしゃぐ声が聞こえる
優しくあたたかい風が吹く

彼のポケットの石ころは
優しくあたたかく、人の心のように彼を包んだ

光る砂浜は、、、
優しく淡い、人の心のように
互いに共鳴しながら光続けていた、、、!

彼は思った、、、
「もう何も要らない、、!」

この淡くあたたかい石ころと、この優しい自然に包まれて、、
「もう永遠に帰りたくない、、、!」
と彼は思った

関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 短い詩  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR