FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/11/30 - Sun -  21:32
生命誕生と生命の適応性
世の中矛盾に満ちあふれている、、。
現在の人類はいかに野蛮なものか、、?
その中で私達人類はどのようにして生きてゆくべきか、、?
これからの私達人類の知的活動にかかっているような気がする、、!

あるニュースでは、、
深さ2300mの海底で熱水を噴き出す煙突状の岩の周りに生息する海老は、
太陽系の惑星の過酷な環境に住む地球外生命体の鍵を握っているかもしれない、
米航空宇宙局(NASA)がそのように発表した、、。
NASAが発表したのはカリブ海の海底で生息する「リミカリス・ハイビサエ」という海老の一種、、。
セ氏400度にも達する熱水噴出口付近に生息する、。
太陽光は届かず、海老達は噴出口内の細菌が生成する炭水化物を餌にしているという、、。

参考ーCNN">CNN

また、宇宙には我々以外に生命体はいないと考えるのは、極めて非現実的である、。
NASAの専門家達はこのように述べており、宇宙人を発見する日もそう遠くないようだ、、。
実際に20年もすれば、発見されるかもしれない、、。
NASAは7月14日にワシントンD.C.本部でパネルディスカッションンを開催し、
専門家達が生命体の宿る地球に似た惑星の探査について議論した、。
科学者達は、最近の宇宙望遠鏡の技術の進歩をふまえ、今後数十年の間に、
我々が唯一の生命体とするのは疑わしいことを確認できるだろうと予測している、。

参考ーTHE HUFFINGTON POST">THE HUFFINGTON POST

また、宇宙生物学の分野では、地球以外の生命体は見つかっておらず、
したがって、広義の宇宙生物学の分野は二つに分けられる、、。
すなわち「地球以外の場所に関する問題」と「地球上の生命が宇宙に出た際の問題」である、、。
狭義の宇宙生物学は後者をのみを指す、。
前者は地球外生命体の探査と推測を主に行い、火星などの太陽系内の天体に関しては、探査機を用いて
太陽系外の銀河系に生存しているかもしれない生命、とりわけ高度な文明を持つと考えられる生物に関しては
電波によるコミュニケーションを図ろうとしている。
その他にも、ドレイクの方程式や代わりの生化学といった、地球外生命体の存在可能性・生体システムの
考察がなされている、、。
後者では、無重力状態や宇宙線が人体に与える影響の研究、さらには地球上の動物、植物、細胞に
与える影響を扱う。これらは人類が宇宙に出てから少しずつではあるが、前者に比べて成果を出している。
人体に関する研究は特に、宇宙医学と呼ばれている。

tikyuu0987


参考ー宇宙生物学">宇宙生物学

参考ーAstrobiology">Astrobiology

関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 科学  *  THREAD TITLE :  自然科学  *  THREAD THEME :  学問・文化・芸術
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR