Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2018/01/19 - Fri -  19:31
トランプと酷似している安倍の危険な性格
今日は晴れ、雲が多い寒い天気だった、、。

だけど、私は君の心の
あたたかさを感じ、、そんなに寒くはなかった、、

君の心は人を癒すぬくもりがある、、
この冷たい矛盾を跳ね返す力、、、

是非、私達の優しい命のぬくもりが、、
世界を清め、、

優しい微笑みの世界を、、
創り出す、一歩となることを祈る、、


あるニュースによると、、
安倍とトランプは、(自己愛性パーソナリティー)だという、、。
「自分を称賛してくれる取り巻きを求め、自分のやり方に注文をつけられると、
相手かまわず激しく反撃にでる」、、と言った特徴があるそうだ、、。
まさに、安倍そのものだ、、。日米のトップ二人が(事実)に関心がなく、
すぐにブチ切れるのだから恐ろしい話だ、、。本当に戦争が起きかねない、。
しかも、二人とも、どうせ全肯定か全否定されるのだから、支持してくれる
味方のためだけに、政治をすればよいと決め込んでいるから最悪である、。
社会から多様性はなくなり、国民はどんどん分断されてしまう、。
アメリカと比べ情けないのが日本の大マスコミだ、。
アメリカのメディアは、トランプから「フェイクニュース」と攻撃されても、
「OK、かかってこい」とファイティングポーズを取るのに、、日本の
大マスコミは、安倍と酒を酌みかわしただけで、うれしそうにしている
のだから、どうしょうもない、。アメリカは権力に気に入られるのではなく、
権力を監視するのがジャーナリズムの役割だ、と分かっているからです、。
牙を抜かれた日本の大マスコミの記者は、厳しい質問さえしない、、
平然と嘘をつき続けているのに、追及もしない、、。
もし、日本の大マスコミが安倍首相の実態を正確に伝えていれば、
トランプと同じように、とっくに歴代最低の支持率をつけているはずです、、。

参考ー日刊ゲンダイ

よく似ている者どうしは、仲が良いと言われるが、、
まさに、その通り、、。そして、まさに、トランプに奴隷のように
従って、何も文句は言わない、、。トランプの悪行や暴言を戒める
どころか、黙認さえしている始末、、。
日本の安倍は世界の国から笑いものにされても、トランプと同様、、
自分の過ちを認めるどころか、、嘘や悪政に終わりはない、、。
誰が、、この安倍を創り上げているのか、、?情けない、、!



関連記事






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  気になったニュース  *  THREAD THEME :  ニュース
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR