FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/15 - Fri -  17:53
春の花の営みの中で、、
今日はよく晴れ、あたたかい、、。

朝方は寒かったけど、
春の日差しを受け、快適な春模様、、

私の町は、、
君の優しさに包まれ、、
快適な春日より、、

春の花々が微笑んでいる、、
君の優しさを宿しているように、、!

2019031501

あたたかく、穏やかな空気に、、
君の息吹が流れる、、

花たちはさわやかに微笑む、、

この平穏いつまでも、、
壊れないで、、!

世の中矛盾だらけ、、
武器を持ち、争うことを止めない、、

2019031502

だけど、私達はこの平穏を守りたい、、

花を見て、すなおに、美しいと想い、
花を見て、楽しい食事をし、
大人も子供も、仲良く笑顔に包まれ、、
他人が苦しんでいたら、助け合い、、
共に支え合って生きてゆく心に育まれ、
私達は生きてゆく、、

こんな姿は、、平穏の中での、
営み、、!

2019031503

武器や争いの中では、、
到底生まれない、、!

平穏は、更なる平穏を呼び、、
平和の、平穏の追求には、終わりがない、、

武器や威嚇競争の中では、、
人々の心はすさんでゆく、、!

素晴らしい文化は、全て平穏の中から
生まれる、、!

2019031504

私達は、、平和ボケの中に居たい、、
そこから真の平和が生まれる、、!

そして、素晴らしい人間としての価値が
育まれる、、!

春の花が、、君の優しさが、、
身に染みて愛しく尊く感じられる、、、!

人類の本当の春は、、
一体、いつ訪れるのだろうか、、、?




CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/13 - Wed -  16:28
不屈の心、
今日は晴れ、、だけど風が少し冷たい、、。

春の命が、、
次々と芽生える、、

冷たいけど、春の風、、
風の中に、、切なく優しい君の心が混じる、、

私の町は、、
君のオーラに包まれ、、
平穏な営みの中、、

2019031301

大自然は、眠りの冬から、、
次々と目覚め、
私達の心は、夢と希望が膨らむ、、

春の命の営みの中、、
君の優しい息吹を感じ、、
私の胸は、少し、切なく優しく、春の夢を刻む、、

2019031302

君の心が、、夢をいっぱい膨らませたように、、
タンポポが膨らむ、、

やがて、君の心は、、
風に乗って、希望を乗せて、、旅をする、、!

厳しい自然に、次の命を、希望を、夢を、、
伝える、、!

2019031303

春の命の目覚め、輝きが、、
優しく、私に語りかける、、

それは、君の優しい心のように、、
強く、不屈の心、、
いつまでも壊れない、夢と愛を語る、、!

どんな矛盾にも、めげない優しさ、、
そして、愛を持つ君の心が、、
春の命と共鳴する、、、!

君の優しさは、、不屈、、!
そして力強いパワーを持つ、
そして、また力強い愛を持つ、、

この矛盾の中で、、
君の優しさは、、希望の光、、
きっと君の優しさは、未来を拓くに違いない、、、!

春の命の輝きが、、
優しく、力強く、ささやいている、、!

2019031304



CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/10 - Sun -  21:21
「までい」再生
東日本大震災から、8年、、国は福島県を「再生可能エネルギー先駆けの地」と
位置づける、。でも忘れないでほしい、、!太陽や風の電気には、
脱原発の願いが込められているということを、、!
福島県飯舘村では、福島原発の30キロ圏外にもかかわらず、
あの日の風向きの影響で放射性物質が降り注ぎ、全村避難が余儀なくされた、。
おととし三月、避難指示は解除されたが、自己以前、やく六千人いた住民は、
一割しか戻っていない、、。高原の美しい風景が、都会の人に愛された、。
「までい」という土地の言葉に象徴される村人の生き方も、。
「丁寧、心がこもる、つつましさ」と言う意味だ、、。
原発事故は「までい」な暮らしを引き裂いた、、。
二千十四年九月に設立された「飯舘電力」は、「までい」再生の象徴だ、、。
村民出資の地域電力会社である、、。設立の理念は、原発の事故で不自然に
傷つけられた、ふるさとの尊厳を、村に豊富な自然な力を借りて、取り戻そうと
いうのである、、。現在、出力四九・五キロワットの低電圧太陽光発電所、
計四三基を保有する、、。当初は、採算性の高い千五百キロワットの大規模発電所を
作ろうとした、ところが東北電力送電網が一基五十キロワット以上の高圧電力の
受け入れを制限することにしたため、方針を転換せざるを得なかった、、。
三年目は、風力発電を建設しようと考えた、。
だけど、東北電力に、「接続には、送電網の増強が必要ということで、、」
断念したという、、。

送電線を所有する大手電力会社は、原発の再稼働や、建設中の原発の新規稼働も
前提に、太陽光や風力などの再生稼働エネルギーの接続可能量を決めている、。
原発がいつ再稼働してもいいように、再生エネの受け入れを絞り込み、場所を
空けて待っている、。「送電線は、行列の出来るガラガラのソバ屋さん」と
いわれるゆえんである、、。

最悪の公害に引き裂かれたミナマタが、日本の「環境首都」目指して、
再生を果たしたように、脱原発依存は、最悪の事故に見舞われた
フクシマ再生の基本であり、風力や太陽光発電は、文字通り再生のシンボル、
そして原動力、すなわちエネルギーではないだろうか、脱原発こそ、
福島復興や飯舘復権の原点なのだ、、。

参考ー東京新聞

世界のエネルギーで、、日本の原発事故を受けて、世界は脱原発に動いている、。
再生可能エネルギーの開発に遅れをとり、、世界のエネルギー市場について行けなく
なるのではないだろうか、、?

いつまでも、、悪魔の火に頼っていては、災害列島日本で、第二の福島という事故が
起きて初めて気づくのではないか、、?
そうならないように、、私達は福島の事故の教訓を学び、二度とこのような事故が
起こらないように、、日本の全原発の停止、廃炉を求める、、!




CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  気になったニュース  *  THREAD THEME :  ニュース
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/10 - Sun -  13:17
春雨
今日は雨、、あたたかい雨、、。

私の村では、もう田植えの準備が始まった、、
昨日の昼からは、村の溝普請、、
田んぼへ水を注ぐ用水路の掃除、、
それが、終わると、、飲み会、、

今日の雨は、、優しく昨日の疲れを癒やしてゆく、、

しとしと、大粒の雨が降ったり、
小粒の雨が降る、、

優しい雨、、、
雨の音は、、優しいリズムで、、
私の心に染み入る、、

2019031001

優しい雨音は、、
君の心の音のように、、優しく響く、、

君の心が、、
優しく雨に溶け込み、、
その優しいリズムは、、、
疲れた私の体を包み、、優しく癒やしてゆく、、!

2019031003

この矛盾だらけの世に、、
君の優しい心が、、
雨と一緒になって流れる、、、

まるで、優しい君の涙が、、
この矛盾を洗い流していくよう、、、

優しく、、清らかな、、
春雨、、

2019031002

花たちは、、君の優しい涙が宿っているように、、
優しく光っている、、!

優しい雨音、、、
まるで、君の心の音を聞いているように、、
優しく落ち着く、、、

この世は、、矛盾に満ち、、
武器が溢れ、、醜い争いが絶えない、、

だけど、、君の優しさは、、、
どんな武器よりも強く、私達を癒やし、愛に染めてゆく、、、!

きっと、、君の涙が、、、
本当の笑みに変わるとき、、

この世に、、奇跡を、
呼び込むに違いない、、、!

春の雨が、、優しく、、私の心に染みこんでゆく、、
ひととき、、、!

2019031004


CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/07 - Thu -  15:02
春の命
今日は晴れ時々曇り、、

昨夜の雨で、梅の花が散っている、、、

だけど、この雨で、
また、新たな春の命が目覚める、、

2019030703

梅の花、、
その命は短い、、!

だけど、私達に、春の希望を与え、
夢を咲かせ、、、
使命を全うさせて、、命尽きる、、

その散る姿は、、
私達に命の重要性、、
人生の大切さを、、教えてくれているように、、
切なく、心に染み入る、、!

また、儚く散ってしまっても、、、
また来年咲く、、
夢と希望を未来へ繋いでいる、、!

2019030702

水仙の花が光る、、
春の命が、次々と目覚める、、

散りゆく花、、
生まれる花、、

これからは、、春の希望と切なさが、、
折り重なる、、!

新たな命の営み、、

旅立ちの希望、、
別れと新たな出会い、、!

2019030701

やがて、桜の花が咲き、
私達の心の夢や希望は咲き乱れる、、、!

この春の花に、、、
私達の夢や希望を託そう、、
そして、未来へ繋ごう、、

未来永劫、、
途絶えることなく、、私達の夢や希望を
咲かそう、、!

春の花が、切なく優しく、、
命を刻む、、ひととき、、、!




CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/05 - Tue -  21:45
春の匂い、
今日は晴れ、少し風があったが、
風の中に、春の匂いが感じられる、、。

疲れて帰る、、

だけど、闇の中に
優しく甘酸っぱい香りが流れる、、

梅の香りのような、、
優しい春の匂い、、

それは、、君の優しい香りのように、、
私の心に染みこんで来て、
疲れた体を癒やしてゆく、、

harunonioi

この矛盾だらけの世界に、、
ほんのりとした明かりが灯る、、

どんな闇の中にあっても、、
真実は隠されはしない、、

梅の花のように、花は見えなくても、、
優しい香りは闇に流れる、、、

どんなに真実を闇に隠そうとも、、、
真実の香りは伝わってくる、、

闇の中に、、、
君の優しい心の香りが漂っている、、、

春が、、、
優しい君の心を連れてきた、、!

どんなに、、、、
闇に、矛盾に、、隠されても、、
君の優しい心は隠されはしない、、!

このまま、君の心に溶かされ、、
君の心の中に落ち込んで、、
優しい春の夢が見れたら、、、、、!



CATEGORY : 短い詩  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/03 - Sun -  15:25
桃の節句
今日は曇り、、
そんなに寒くない、、、やっと春の訪れを感じる、、!
これからは、、一雨ごとにあたたかくなってゆく、、

2019030313

これは、桃の花か、、?

今日は3月3日、、桃の節句、、

桃の節句とは、、七草、端午、七夕、等と並ぶ五節句の一つです、、
本来は「上巳」の節句といい、3月の最初の巳の日を指していましたが、
後に3月3日に定まりました、。
中国では、この日に水辺で身を清める習慣がありました、。
それが、平安時代に日本に伝わり、草木や紙や藁で作った素朴な人形に自分の
厄災を移す習わしや、貴族階級の子女の間で始まった「ひいな遊び」という人形遊びが
結びつき、海や川に人形を流してお祓いをする「流し雛」の習慣となりました、。
やがて、江戸時代に上巳の節句が五節句の一つに定められると、5月5日が男の子の節句、
であるのに対して3月3日は女の子の節句となり、桃や雛人形を用いることから、
「桃の節句」、「雛祭り」と呼ばれ、定着していったそうです、。

hinamaturi

「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日頃に桃の花が咲くことや、
桃は魔除けの効果を持つとされてきたからだとか、、
雛人形は、娘の厄を引き受ける役目があるため、災いが降りかからず、美しく成長して、
幸せな人生を送れるようにという、願いが込められているそうです、。

大切なのは、子供の健やかな成長を願う気持ちです、、!

子供達は未来の宝、、!
最近、日本の社会では虐待や虐めなどの嫌な事件が起こっているが、、
子供の人格、人権などを守り、健やかな成長を願う気持ちは、、
過去から未来、世界共通のもの、、
子供達を大切にすることは、、「未来の社会の健全な成長」に繋がる、、。

節句の食べ物をいただきながら、、大人も子供も、一緒になって、、
貴重な一日を愛で染め、、
現代社会に於ける厄災を洗い清めていくように願う、、!


CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2019/03/02 - Sat -  12:46
春の吐息
今日は晴れ、、

もう3月が来た、旅立ちの季節、、
希望の春、夢見る春、、!

梅の花はほとんどが終わりを
迎えたけど、、

今、、枝垂れ梅の花が咲いている、、!

2019030201

甘い香り、、、
春の香り、、、が漂い、、、
切なく優しい君の心が愛しい、、

優しい空気に、、春の息吹が流れ、、
君が優しく、、ため息をついているような気配、、!

2019030202

菜の花も咲き乱れ、、
私の町は、穏やかな優しさの中、、、

春の吐息に包まれ、、
私の心は優しく夢を見る、、

君の吐息、、
優しくあたたかい君のぬくもりを探して、
私の心は揺れる、、、

2019030203

朝陽に照らされ、海は輝く、、

人の優しさが、輝くように、、

まるで、尊い人の優しさ、人の愛が、
結晶となって、大海を覆っているよう、、

瞬く大海、、
私達の優しい夢、、
普遍な愛が溶け込み、、神々しく瞬く、、!

眠りの冬から、、
全てが目覚める春が優しく微笑んでいる、、

世の中、矛盾だらけだけど、、
優しい春が、私達の心に、奇跡を連れてくるように祈る、、!
君の優しさは、きっと永遠に輝く、、

2019030204


CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR