FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2016/04/12 - Tue -  22:06
「人類愛」をもう一度
今日は晴れだったが、、寒い一日だった、、。

寒いはずだ、、この世の矛盾に寒気さえする、、。
ある、ニュースによると、、
原爆投下から71年目に、米国ケリー国務長官が広島を訪れた、。
同じく核保有国の英国、フランスも含む外相会合の一環とはいえ、
米国の現職の外交責任者として初めてのことだ、。
「戦争がいかなる惨禍をもたらすのか示す、決して忘れられない経験」
とケリー氏はその感想を述べた、、。
原爆投下は、人道にもとる大罪であり、過ちを率直に認めるべきだという
意見もある、。被爆者の生の証言を聞くべきだったとの指摘があるのも当然だろう、、。
だけど、、世界で核兵器がいまだに、幅を利かす時代に、、核大国の米国オバマ大統領が
世界から核廃絶をとなえたことは、、歴史的な意味ある一歩であろう、、!
本当に世界から、戦争や争いなどが、「罪もない人を残虐する」ということを
知っているのは、近年になって戦争や紛争に最も多く加担しているアメリカでは
ないだろうか、、?戦争に正義と言う言葉は存在しないのだ、、!
広島平和宣言を忘れてはならない、、「辛く、悲しい境遇の中で思い悩み、”憎しみ”や”拒絶”
を乗り越え、紡ぎだした悲痛なメッセージ」を、。その心には、人類の未来を見据えた「人類愛」と
「寛容」がある、、。
もし、オバマ氏が広島にくるとしたら、今度こそ、被爆者や市民と対話し、その声に耳を傾けた
上で、メッセージを発してほしい、、。

参考ー中国新聞

当時16歳の女性は、「家族、隣人、友人などの和を膨らませ、大きな和に育ててゆくことが
世界平和につながる。思いやり、優しさ、連帯、。理屈ではなく体で感じなければいけない」
と訴えます、。当時12歳の男性は、「戦争は、大人も子供も同じ悲惨を味わう。思いやり、
いたわり、他人や自分を愛することが平和の原点だ」と強調します、。

為政者が顔を合わせ、対話を重ねることが、核兵器廃絶への第一歩と成ります。
そうして得られる信頼を基礎にした、武力に依存しない幅広い安全保障の仕組みを
創り上げていかねばなりません、。その実現に忍耐強く取り組むことが重要であり、
日本国憲法の平和主義が示す真の平和への道筋を世界へ広めることが求められます、。

参考ー広島平和宣言

CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  気になったニュース  *  THREAD THEME :  ニュース
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR