FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/14 - Wed -  20:59
星の輝き
今日は晴れ、、朝晩は寒くなったが、昼間は暖かい陽気だった、、。
季節の変わりめ、体調には気を付けて、、!

秋の闇は、ロマン漂う魔法の闇、、
君の心を感じ

切なく、、闇が淡い光に変わる
星が暗い闇で瞬く

この広い広い宇宙で、、
星達は、、孤独な輝きのよう

一つ一つ、異なる瞬き
だけど、、孤独ではない、、、!

hoshinokagayaki

互いに、影響しあい
互いに、ささやき合って
宇宙の大法則に従い、
見えない絆で結ばれている

私達人間の世界も同じ、、
それぞれ個性を持ち
一人一人が影響しあい
全ての人が繋がっている

私達は、、独りではないんだ、、!
誰かに支えられ、誰かに教えられている、、、!

星達の瞬きが教えてくれている

私達、、人間の世界も、、
見えない法則に従い、、見えない絆で、、、
結ばれているのかもしれない、、!

君も、、私も、、決して独りではない、、!
その法則、、それは愛なのか、、?
私には、分からない、、!

その私達の繋がり、、
それは、、奇跡をも呼び込むかもしれない、、、!



CATEGORY : 短い詩  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/12 - Mon -  12:43
秋の微笑み
今日は秋晴れのすがすがしい天気、、。

秋風に優しい君の心が潜む
花達は優しい語らい

金木犀の甘い香り

君の優しい心と
花達の微笑みが
甘い香りの中に溶け込む

2015101203

矛盾の世の中に
甘い、優しい君の香りが流れる

弾ける命の輝きが
優しく、甘く秋の空気に溶け込んでゆく

2015101206

君の優しさと
花達の輝きが
甘く、優しく私の町を包む

空、高く鷹が舞う

君の優しさに
私の心は重なり、、
天に、ときめきが吸い込まれてゆく

2015101204

君の優しさと
花達の輝きは
永遠の命の輝き

この大自然と、、
私達の命の輝きは永遠のもの

私達人類は大自然の一部

2015101201

人類の醜い争いは
大自然の摂理に反する

私達人類は、常に大自然と共に有る

この大海は私達人類の醜さを
諭すかのように優しく微笑む、、、!

いつの日か、、きっと、、
全ての人々が、この大海のように
優しく微笑む日が訪れる、、、!

君の優しい甘い、ささやきが

この大海の微笑みと共に、、
矛盾の世界を優しい微笑みの世界に
変えてくれるように祈るばかり、、、!


CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/10 - Sat -  13:55
秋の曇り空の下で
今日は曇りで肌寒い、、秋の深まりを感じる、、。

どんより曇った空の下
秋の花が切なくささやく

この曇り空、、
まるで、、世の矛盾がたちこめているよう

君の心が切なく愛しい

2015101003

花に宿る君の心
何故か切なく哀しみを誘う

君の優しさが
とても、とても、、苦しく切ない

2015101002

私の胸のときめきは
迷路に入った迷い人のように
切なく響く

だけど、、君がいる
君の心と共にいる

それだけが、、私の心の勇気

君の優しさが世界を変える
君の優しさが未来を創る

2015101001

肌寒い秋の空気が優しく震える
君の心と共に、、

この矛盾の空の下で、、
私達の夢は永遠に繋がる

それは、、未来を変える
奇跡の力なのかもしれない、、、!

君の優しさが、、
私の胸のときめきを優しいメロディに
変えてゆく、、

そんな、、切ない秋のひとときだった、、、!


CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/09 - Fri -  22:01
タイムトラベル
今日は日中は、まだ汗ばむ陽気だった、、。

帰り道、、何処からともなく香る
甘い香り、、金木犀

切ない甘い香り
毎年、、毎年、、同じ時期、
同じ個所で、、

私の心は自然と過去へ
タイムスリップ、、

そしてまたそれは、、未来へ
希望を繋ぐ香り

いつまでも、、いつまでも、、変わらない想いが
心に浮かび、、
そして、、その想いは未来へ受け継がれる

決して消えない、、夢の香り、、

kinnmokusei12

決して消えない、、私の心の灯り、、
それは、、君への想いのように、、!

過去から未来へ、、
決して忘れることのない甘い香り

いつも、切なく、、いつも、、甘く
忘れることのない想いが、、、
私の胸の中から漂い溢れる

金木犀の甘い香り、、、
それは、私の過去から未来へのタイムトラベル、、、!


CATEGORY : 短い、短い詩  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/08 - Thu -  20:48
一億総活躍
間違って追記の場所に書いてしまったようです、。
READ MORE を読んでください、。
阿部は、、「馬の耳に念仏」でもあるが、、

さらに、、金で操って国民をたぶらかす、、!

umanininnzinn

ninngenngahashiru

Ryouichi
CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  許されない出来事  *  THREAD THEME :  ニュース
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/06 - Tue -  21:26
眩しい、夜明け
今日は晴れ、、程よい熱さの天気だった、、。

眩しい朝日、、
夏の余韻を残す
眩しい朝日が顔を出す

君の眩しさが大海を染める
私の心に魔法の光

2015100601

まるで、、この地球に奇跡を呼ぶ光

この朝日のように、、
君の眩しい笑みはこの世を照らす

それは、、魔法のように輝く笑み
この矛盾の闇から目覚めた君の輝きが
世界を包み込む

君の輝きは何よりも尊い
そして、その輝きは、、
命の輝き、、
全てに平等、、そして、、全てに優しく微笑む

君がいるから、、私は生きている
君がいるから、、私には勇気が存在する

まるで、、魔法のように、、
神秘的な光で輝く、夜明けを迎えたようだった、、!


CATEGORY : 短い、短い詩  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/04 - Sun -  13:04
コスモスの花道
今日は晴天、、秋晴れ、、。
すがすがしい秋の空気が流れる、、。

コスモスの花が咲いている

コスモスの花道を二人は歩く
優しいコスモスのオーラに包まれ

cosumosu4

二人の交わす言葉は
何の意味も無い言葉

だけど、、二人には大切な意味、、

心と心がコスモスの花のように、、
優しく揺れていた

cosumosu5

二人は分かっていた
言葉なんて必要ない、、

二人は互いの優しいオーラを感じ合い
そして、、コスモスが優しくささやきかけている

cosumosu6

言葉と言葉の間の沈黙は、
言葉以上の二人の会話、、、!
優しい、、沈黙の会話、、!

コスモスの花のように、、
無言で語っている

必要もない言葉だけど、、
やはり、二人は確かめ合う

cosumosu7

二人の感じ合うオーラが
壊れるのが怖くて、、

夢も希望も異なる二人が
神秘的に惹かれ合う

このコスモスの花道は、、
きっと、二人にとっては永遠に続く花道かもしれない、、!




CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/03 - Sat -  13:39
秋の大海
今日は晴れの心地よい天気だけど、少し雲が出てきた、、。

海は眩しく輝いている
君の瞳が眩しく海を輝かしているよう

潮風が優しく頬をなでる
その潮風には君の心が乗っているように
優しい、、

2015100301

秋の潮風は優しく、、そして少し切なく流れる
君の心が大海を渡る

優しく、眩しく大海は見守る
母なる命の輝きのように、、、!

2015100303

君の優しい笑顔を飲み込み
そして、、君の切ない涙をも飲み込み
母なる大海は微笑んでいる

まるで、、私達人類の全てを
許しているかのように、、、
寛容な微笑み

2015100306

母なる大海は知っているかもしれない
私達の歩む時を
だから、、このように美しく眩しく
輝くのかもしれない、、

一艘の船が大海をわたっている
それは、、この大海に比べて小さな、小さなもの

2015100305

そして、、その船は私達の夢を乗せている、、

時には、、この優しい大海は怒る
それは、、私達人類への警告かもしれない

だけど、、私達の夢を乗せた船は
奇跡を呼ぶ、、!

その船は決して沈むことなく
旅を続けることだろう、、、!

何故なら、、母なる大自然と一体だから、、、、!


CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/02 - Fri -  21:42
別世界からの絵葉書
あるニュースのよると、、
また、阿部首相の過激思想が表面化しているようだ、、!
「平和」名目に武器輸出促進、防衛装備庁が発足した、、。
戦後の武器禁輸策を転換し、武器輸出を原則解禁した防衛装備移転三原則に
基づく組織で、官民一体で武器輸出を促進する司令塔となる、。
防衛省は装備庁の意義について、「装備品調達コストの削減や国内の防衛産業の育成
につながる」と説明、。だが3原則のうち「紛争当時国への輸出を認めない」とする原則は、
相手国が日本の事前同意なしに再輸出したり目的外使用したりする事例を認めており、
日本製の武器や部品が知らない間に紛争地で使われる余地がある、、。

これは、、まさに、、軍事国家(私の意味は、アメリカ等のように、軍事中心に動いている国)
になろうとしている、、!
平和憲法の下、粛々と平和を邁進してきた日本が、阿部の手によって
平和憲法を踏み躙られ、、危険極まりない軍国主義国家に舵をとろうとしている、。

参考ー東京新聞

だけど、、宇宙に目を向けると、、私達のロマンは絶えることがない、、
日本は、世界は、軍拡競争よりも、、もっと人間らしい平和なロマンに知力を
集めるべきではないだろうか、、?

あるニュースでは、、
土星の衛星エンケラドスに氷に包まれた表面の下に
全球を覆う海が存在するかもしれない、、。
地球外生命探査の候補を探す研究者にとっては朗報だそうだ、。
エンケラドスには、間欠泉があり、宇宙空間に向かって、塩分と
有機分子を噴出している(これを「プルーム」と言う)。
エンケラドスについては、プルームこそ確認されたけれど、
それが、長い年月にわたって存在している海に由来している
証拠はほとんどなかった、。
けれども、今回の発見のように、、エンケラドスの海が全球を覆っているのなら
長期にわたって安定に存在できるため、微生物が誕生している可能性がある、。
「全球を覆うほどの海を一時的な現象として説明するのは困難です。
生命が誕生している可能性にとって、プラスの材料となります、。」
と、ハンド氏は言う、。

enkeradosu

今回のエンケラドスの他にも、氷の外郭の下に海の層がある天体は
いくつか知られている、。例えば、木星の衛星であるエウロパやガニメデは、
木星や他の巨大惑星の重力の影響で発生する熱により、内部海が液体の
状態を保っていることが分かっている、。
一方、土星の衛星エンケラドスについては未知の部分が多い、。
海の深さも、海が液体でいられるための熱の発生要因も、
南極の氷の外郭だけが、間欠泉が噴出するだけ薄くなっている理由も
分かってはいない、、。
「エンケラドスの海とその下の惑星物理学的活動をめぐる秘密は、
氷の外郭によって覆い隠されているのです」
地球から打ち上げられた探査機が、宇宙を旅してこれら小さな氷の天体に
接近するたびに、私達は、こうした天体の成り立ちを理解できていない
ことを痛感させられる、。
これから、数十年間、数多くの探査機が太陽系の様々な天体を探査して、
その秘密を明らかにして、旅先から別世界の絵葉書を送ってくれることだろう、、、!

参考ーナショナルジオグラフィックニュース

まだまだ、、未知な太陽系、生命の星地球以外にも、、
生命が誕生している可能性は多い、だけど、その確証はつかめていない、。
この宇宙には、、きっと私達地球文明より高い文明を持つ星が
数多く存在するだろう、、!
きっとその人達は、、野蛮性も克服できていることだろう、、!
そうでなければ、、この広大な宇宙を旅する技術は生まれないだろうから、、!

私達地球人が自由に太陽系外へ宇宙旅行できる日は、いつ訪れるのだろうか、、?


CATEGORY : 科学  *  THREAD TITLE :  自然科学  *  THREAD THEME :  学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/10/02 - Fri -  14:17
未来への命の輝き
今日は休み、、雨の後の日差しはまだ熱い、、。
だけど、、心地よい秋風が吹く、、。

コスモスの花が
秋風に揺れる

君への切ない想い
そして、、君の優しさが
秋風に揺れる

2015100201

この矛盾に満ちた世を
憂うように秋の花が風に舞う

この秋の花の命は短い
だけど、、精いっぱい輝いている

この輝きは、、
君の命の輝きのように尊い

2015100202

秋風に、、
君の心が溶けている

そして、、私のときめきも
静かに秋風がさらってゆく

2015100203

それは、、私達の希望や夢が
秋の花をいっそうに輝かせ

そして、、未来へと時は繋がっている

全ての命の輝きは、、
輪となって、未来へと繋がる

2015100204

この瞬間、、大海は微笑む

潮風は優しく私達の夢を乗せて
水平線を渡る

静かな波の音は、、
私達の命の鼓動、、

そして、、まるで、それは、、
いつまでも、、いつまでも、、鳴りやまない
平和の鐘のよう、、、!




CATEGORY :  *  THREAD TITLE :  詩・ポエム  *  THREAD THEME :  小説・文学
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR