FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2015/05/13 - Wed -  20:36
低い情念
今日は晴れ、、熱い君の吐息に包まれる一日だった、、。

戦後70年の節目の年に、、阿部政権が生まれ、、
日本人の心が試されている、、。

あるニュースによると、、
愛国が汚れた義務に、、自由失う憲法改正と言う言葉で
「防衛問題だって、かつては、非武装中立を唱える自由はあったが、今はない、。
中国、韓国になめられるな、やっちまえと威勢のよい人だけが議論し、憲法改正とか
防衛力強化を言って自分が強くなった気になっている、。低い情念で国家との一体化だ、、。
自分の暗い過去に触れたくないように、国家の暗い過去も否定する、、。
従軍慰安婦も南京事件も戦争もなく、人も殺してこなかったのだ、とまで言うかのようだ、、。」

子供達にはわるいけれど、、、
「今の日本に子供のような議論がまかり通っている、。自分にも秘密があるから、国家に秘密が
あるのは当たり前で、特定秘密保護法は必要だ、けんかしている友達を助けるのは当然だから
集団的自衛権も行使するといった内容、。しっかり調べて判断するといった内容ではない、。
従軍慰安婦問題でも、他の国もやっている、何故日本だけ責めるのかと、。
これは、万引き少年が{みんながやっているのに、なぜ自分だけ捕えるのか}と怒るのと同じです、。
この単純さでは、海外派兵、徴兵制、戦争ーといった流れに歯止めが利かない、。
米国のように、入隊すれば、大学や職に有利という制度を導入すれば、日本でも、かなりの若者が
兵役に就くだろう、、。日本を取り戻すとか、熱狂的スローガンの下での憲法改正は危険だ、。
国のため、表現の自由、結社の自由を制限する、わがまま言うなという国家主義的な性格が強い、。
集団的自衛権だって、結局は米国の属国になり、自衛隊は傭兵となる、。
侵略戦争となったイラク戦争に、日本は反対できず、駆り出された、、。
自由がなくなるのだ、。自由のない自主憲法より、むしろ、自由のある押し付け憲法の方が良い、。」

参考ー低い情念




CATEGORY : 未分類  *  THREAD TITLE :  ひとりごとのようなもの  *  THREAD THEME :  日記
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR