FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/06/28 - Sat -  18:45
月の誕生の謎
現在日本では、阿部政権の下で
日本が野蛮国家になろうとしている、、、!
憲法改正の反対世論が多数になってきている現状にあわせてか、、、?
阿部政権は、現憲法の解釈変更にやっきになっている、
集団的自衛権の行使容認に向けて”解釈改憲”が現実味を増す、、、。
どこまで、、国民を愚弄するきだ、、、!

参考ー平和国家はどこへ">平和国家はどこへ

*******************************
私のロマンは宇宙へ飛ぶ、、
宇宙は私達を生みだした母なる存在で、、まだまだ、謎に秘められている、、。
宇宙の謎を解明するロマンは私達人類の行へや私達の生きる在り方にも
創造的より良い考えを導き出す手段になるだろう、、!

月の誕生の説は様々ある、。今から40年程前の
ジャイアント・インパクト説は、私達の夜空を照らす月の誕生の大きな説だ、、。

tukinotannzyou

月の岩石はNASAのアポロ計画で、収集されたもので、今回最新の
走査型電子顕微鏡を使うことで、45億年ほど前に、火星くらいの大きさの惑星が
原始地球に衝突し、飛び散った破片が集まって月になったとする説を裏ずける
化学的痕跡を、岩石中に見つけることが、初めて可能に成った、、。
”テイア”と呼ばれる古代の惑星が地球に衝突。その際、無数の破片が宇宙空間に飛び散り、
それらが集まって月になった。
このジャイアント・インパクト説は、1969年7月20日のアポロ11号の月面着陸を機に
提唱され始めた説で、地球がこれほど巨大な月を持つ理由を説明できる内容となっている、。
原始太陽系は、射撃場のようなものだったとヘルヴァルツ氏は言う、。
原始太陽の周りにダストからなる原始太陽系円盤が形成され、ここで生まれた微惑星が
太陽の周りを公転、。微惑星同士が衝突を繰り返し、やがて複数の惑星が形成された、。
「テイアと原始地球は、原始惑星系円盤の同じ領域で、同じような物質が集まって形成されたと
考えられる」と述べている、、。

参考ー衝突による月形成の直接的証拠発見">衝突による月形成の直接的証拠発見

また、ジャイアント・インパクト説が支持を得る前には、
第一の説には、月と地球が同じ塵の雲が凝集して出来た、「双子」説。
第二の説は、溶けた原始地球が高速で自転していて分裂し、巨大なマグマの塊を
宇宙空間にはじき飛ばしたというもの、、。
第三の説には、太陽系のどこか遠いところから漂って来た月が、地球の引力に捕えられたと
いうもの、、等がある、、。
CATEGORY : 科学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/06/28 - Sat -  11:42
愛の響き
今日は曇りで、すっきりしない梅雨空、、。

紫陽花の花が美しく微笑んでいる、、。

曇り空の下に優しい君の微笑み
少し蒸し暑い空気に小鳥のさえずり
が優しく響く

紫陽花の花に君の微笑みが宿る
梅雨の湿った空気に君の息吹が流れる

azisai1235

私のハートも優しく溶ける
時が優しく、ゆっくり刻む

矛盾の社会の中で
君の微笑みだけは永遠

君の微笑みは愛の響き
君の愛の響きを感じながら
私は一時の夢の中

azusai987

君の愛の響きに
私のハートは優しく共鳴する

どんな矛盾の世界でも
君の愛の響きは挫けない

この地球の社会に
全ての人が平和で愛に満ちた世界が訪れるまで
君の愛の響きは流れる

君の愛があれば、
私は挫けないだろう

私達の愛の響きを奏でよう
世の中に武器という悪魔がなくなるまで

何故、人類は争う必要があるのか

君の愛は
無防備、無抵抗の愛の強さを
教えてくれている

azisai657

矛盾で野蛮極まる社会の中に
私達の愛の風を吹き込もう

紫陽花の花が
君の愛を
君の愛の強さを
教えてくれているようにささやいている

いったい、、
いつになれば、人類は己れの醜さに
気づくのだろうか、、、?

私の村には、君の愛の響きが
充満しているのに、、、!
CATEGORY :
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR