FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/31 - Sat -  20:02
百万本の薔薇の花
今日は暑い日だった、、。
まだ梅雨には入ってないのに、この暑さ、、今年の夏がおもいやられる、。

今日は仕事だった、、疲れた、、早く休もう、、。

もしも、願いが叶うのなら、
可能な限りの薔薇の花を買って
君の住む家の部屋に
一杯敷きつめたい

君がなんと思っても
それが、、私の君への想い

もしも、君がその花を見て
美しいと思ってくれたなら
それが私の一番の幸せだろう

bara098

君が喜べば、
それは私の喜び

その薔薇の花のように
私の愛を、君の部屋一杯に満たしたい

今宵は夢の中で、
薔薇の花に身を変えて
君の部屋に訪れたい

もしも、君の愛を受けることができたなら
私は幸せ、、、

なにも迷うことが無く
私はゆっくり休むことができるだろう、、、!

おやすみ、、、!
CATEGORY : 短い詩
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/30 - Fri -  20:47
愛の掟
今日は良く晴れて、暑い天気だった、、。
初夏の日射しが眩しい、、。

ダリアの花が咲いていた、、。
ダリアの花言葉は「移り気、華麗、優雅、威厳、不安定」

君の笑顔は華麗で優雅

この不安定な矛盾ばかりの社会の中で
君の笑顔は光っている

優雅で威厳に満ちたその姿は
私を惹きつけてやまない

daria123

君の愛は永遠
ダイアモンドのように光る君の愛

そして、君の優しい心は
私をやすらぎの世界へと導く

君の姿は見えない
だけど、君の笑顔はここに在る
君の心と君の愛はここに居る

君のぬくもりと、ときめきは
私と共にある

人は、ときには移り気するかもしれない
だけど、私の心は君だけ

君のダイアモンドのように光る
魂と共にある

君がいない世界は考えられない

きっと君の愛は
この矛盾に満ちた不安定な社会を
やすらぎの世界へと変える力を秘めている

だから、その華麗で優雅な輝きを
私は守りたい

君の光る魂と
いつも一緒に居たい
それは君と私の愛の掟かもしれない
CATEGORY : 短い詩
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/28 - Wed -  21:48
自然な心
今日は晴れ時々曇りで初夏の太陽が微笑んだ、、。
ミリオンベルの花の苗を買ってきて植えた、、これからが楽しみ、、。

ミリオンベルの花言葉は「ありのままの自然な心」

君の自然な心が漂う初夏の空気
君はそのままで美しい

mirionnbel

飾ることも必要ない
君の美しさ、漂う優しさは
君のハートが美しいから

漂うオーラは、君の心の美しさ
だから、君は人を惹きつける

清らかな君の心は
自然と空気に融け込む

君は何の化粧もする必要はないよ
君の存在、それだけで人を惹きつける

私は君のありのままの心が好きなんだ
君の全てが好きなんだ

どうか、その迸る笑みを失わないで、、!

たぶん、君の笑みは
矛盾の世の中を救う笑みかもしれない
CATEGORY : 短い詩
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/25 - Sun -  15:10
私のパラダイス
今日は暑い日だ、、。

初夏の太陽が微笑む

花達に潜む君のオーラ
君の笑顔がほとばしる

君の熱い視線は
私を優しく突き刺す

guraziorasu

君の心と共にいる
君の優しい笑顔が熱く語る

君のぬくもりと、ときめきは
私を夢の世界へ連れてゆく

たとえ、どんなパラダイスに居ても
君が存在しなければ、それはパラダイスではない

小鳥達が優しく声をかけても
花達が優しく微笑んでも
太陽が優しく包んでも

君が存在しなければ意味がない
君と共にいること
それが私の幸せ

shokanohana123

君の存在は何よりも
私の幸せ

たとえ、君が他の人を想っていても
君がいるから私は存在する

私のパラダイスは君が微笑むこと
いつでも、どんなときでも、、
君のぬくもりを感じていたい

初夏の花が何故か、、?
切なく微笑んでいる

君の愛がほしい、、、!
CATEGORY : 短い詩
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/24 - Sat -  17:06
初夏の微笑み
今日も良く晴れた天気、、そんなに暑くもなく寒くもない
五月の天気だった、、。

海へ出てみた
輝く太陽の下、青く光る大海

穏やかで、すがすがしい海が光る
すがすがしい潮風に君の心が乗っている

君は何処を見ているのか、、?
はるか彼方を見ている

umi0099

私はすぐ側にいるのに
どうして気付かないの、、?

だけど、私は君の眼差しを知っている
君の光る眼差しはとても遠い海の彼方を見ている

この青い海は人類の歴史を見て来た
君の涙や笑顔も優しく溶かす

そして、君の涙や笑顔は
この水平線の彼方の未来に繋がる

omi0088

矛盾だらけの現在は、
この大海に似ているかもしれない

ときには、怒り狂う
ときには、荒れて私達を悩ます
だけど、穏やかなときには
私達の心を青く優しく包み込む

人々は誰でも優しい心を持っている
その心で、互いに信じ合えば、愛の心が繋がる

amaririsu

初夏の花が微笑んでいる
私は君を信じる

この矛盾だらけの世界は
互いに信じ合うことを忘れている

初夏の微笑みは
信じ合うことの大切さを教えてくれているようだ

人が共に支え合って生きていく原点は
信じ合うことではないだろうか、、、?

穏やかな君の眼差しは
私を優しい世界に連れてゆく一時だった
CATEGORY :
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/23 - Fri -  21:20
沈まない船
今日も良く晴れ暑かった、、。

もうすぐ梅雨に入る、、。
梅雨明け頃から食べごろになる”イクリ”「スモモというのか、?」の実が大きくなってきた、、。
今年も私の家の庭の”イクリ”が沢山、実が着いている、。

ikuri

甘く、少し酸味がする実
そのまま、皮ごと食べられる

君のように甘く酸っぱい味がする

甘く酸っぱい恋に堕ちる

世の中、嵐のごとく荒れている
だけど、私には君がいる

君の甘い吐息が私を酔わす
君がいるから怖くない

どんな嵐でも耐えられる
君の甘い心は決して沈むことの無い船

君の心と一緒なら
どんな厳しい旅でもできそう

いつも、どんな時でも
君の甘い船に乗っていたい

優しく甘い君の心は
きっと奇跡を呼ぶだろう

だから、、今を信じて
君と共に歩む

きっと、未来は
私達が呼び寄せるものかもしれない
CATEGORY : 短い詩
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/21 - Wed -  21:05
科学的知見
雨の後、
今日は初夏を思わす暑さだった、、。

今日のNHKのニュースでは、
先の論文で疑惑が持たれているSTAP細胞のことで、、
「NHKは元々、STAPは存在しないのではないか」と言う趣旨の報道をした、、。
なんと、科学的知見のない報道であろうか、、?
第一、科学者は嘘をつけるのか、、?宗教ではないのだ、、!
科学は第一に実証を重んじる学問である、、。
嘘をでっち上げてなんの得に成るのだ、、それが実証されなければ意味が持たないことは
知っているのか、、?
科学というものは、他人が認めて初めて成立するものなのだ、、。
なんとも言いようのない科学的知見が無い報道だろうか、、?
文化系と言われる人間達が主導権を握り、科学の目を論じるから
こういう矛盾が生まれるのだ、、。
政治家等は、元々科学者が成っているのは観たことが無い、、。
科学的な目で国を治める力がないから、現代のように地球の社会に紛争が、
満ちあふれているのだ、、!
現代社会、文化系と言われる人間が主導権を握り、科学者を使う立場に成っている、
だからこそ、人を殺す武器や兵器が平気で生まれ、科学が常に利用される立場にある、、!
政治家や報道陣には、科学的知見がないから、、いつも矛盾の社会が生じ、争いは
絶えることがないのだ、、!

アインシュタインの言った言葉、

「知性は、方法や道具に対しては
鋭い鑑識眼を持っていますが、
目的や価値については盲目です、。」

人類は己の最大の脅威である、核兵器を生みだしている、、。
CATEGORY : 世の中の矛盾
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/20 - Tue -  19:51
七色の心
今日は曇り後、大雨だった、、。

なんだか、梅雨が来たような気分になる、、。

紫陽花のつぼみが出てきている
紫陽花の花言葉は「移り気、浮気、高慢、冷淡、辛抱強い愛情、、、、」

azusai234

この世の中、ともすれば人は高慢で冷淡
現実社会は高慢に満ち
争いは絶えない

矛盾に満ちた冷淡な社会
そんな中で、君の温かい心に
私の気持ちは和らぐ

君のあたたかい心は誰のもの

あの人のもの、この人のもの
君の多彩で柔らかい心は
人を惹きつける

たぶん人は君の心に惹かれ
君を好きになるだろう、、

だけど、移り気なんかしないでね、、、!
君の心は私のもの
私の愛は君だけ

その想いは
私だけのものかもしれない

君が振り向いてくれるまで
私は辛抱強く待つ

決して浮気なんかしないでね、、、、!

多彩で七色の君の心に
私は夢中なんだから
CATEGORY : 短い詩
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/18 - Sun -  12:42
初夏の風
今日は薄く雲がかかっている、、でも良く晴れた天気、、。

もう、初夏の空気が漂っている
太陽が眩しい
君の瞳が熱く輝く

もう、燕が矢のように舞っている
ゆっくり穏やかに時が流れる

矛盾の世の中とは違って
私の村はパラダイス

gogatuhana123

小鳥達の優しいさえずりに包まれ
君が熱く優しくささやく

君の姿は見えないけど
君の優しい心を感じる

どこからやってくるのか優しい気持ち
五月の風が君の心を運んでくる

私は独りぼっちではない
そして君も独りぼっちではない

私達の心は共にある
自然の優しさと、君の優しさを感じる

gogatuhana234

矛盾の世界の中で、
優しい心の絆を感じる

きっと、君となら怖くはない
嵐のような矛盾の世界が訪れようとも

君の心と共になら
私は戦う勇気が芽生える

君と共になら
きっと素敵な世界が生まれる

穏やかな初夏の空気に乗せて
私達の優しい絆を繋ごう

それは、自然と世界が繋がるかもしれない
だから、、優しい君の微笑みが必要

gogatubara

私達の小さな、小さな命が繋がる時
きっと、素敵な世界が訪れるだろう

だから、いつまでも、、
君の優しさを失わないで、、、!

私の村の初夏の空気が優しく微笑む
一時だった、、!
CATEGORY :
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/17 - Sat -  20:46
愛の棘
今日は良く晴れて、初夏と思える天気だった、、。

道端にピンクの薔薇の花が咲いていた、。

薔薇の花は愛の花と言われる
君の愛の微笑みのように光っていた

ピンクの薔薇の花言葉は「上品、愛を持つ、しとやか」

矛盾の海をたった独り
漂流する私

どうすれば君の愛にたどり着けるだろうか、、?
しとやかに、上品に輝く君

私にとっては近くて、遠い君の愛
悩ましい君の愛がほしい

君の姿に漂う愛のオーラ
どうすれば、君に触れることができるのだろうか、、?

bara123

どのような気持ちを持てば、
どのような愛をもてば、
君に触れられるのか

君の愛に触れられるなら

たとえ君の棘に刺されても
私は怖くはない
私は痛くはない

それは、きっと君の愛の棘
天から授かった愛の棘

私にとって、君は
冷たい矛盾の砂漠に咲く愛の花

君の心の棘に刺されたい
君の愛の棘に刺されたい

君の愛がほしい、、、!

もしも、君の愛に刺されることができるなら
きっとそこから、熱く真っ赤な愛の花が咲くことだろう、、、!
CATEGORY :
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR