FC2ブログ
Welcome to my Blog. They are my poetical works. Please sometimes visit.
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/07/18 - Fri -  20:31
堕ちて行く日本
今日も暑かった、、。
もうやがて、梅雨があけるみたいだ、、。

日本は阿部政権のもとで、だんだん堕ちてゆく、、。
口では、平和主義を唱え、、裏では、武器を持ち、戦争の準備を着々と進めている、、。
猿よりも劣る(猿なら武器を持たない)、縄張り争い等に理由をつけ、
恐ろしい国に成ろうとしている、、。
作家・半藤一利氏のインタビューでは、、
阿部さんは「国家のかたち」を変える3本の矢を用意したんだと思う、。
第一の矢は憲法96条を改めての憲法改正、しかし、これは国民の総スカンを食ってできなかった、。
第二の矢は特定秘密保護法、これで阿部さんは言論の自由に対する縛りを握った、。
第三の矢は解釈改憲で、これが実現すると、憲法9条が完全に空洞化する、、。

軍国主義へとひた走った昭和の時代でも、軍機保護法という法律で
権力者はまずメディアを抑え、国民が自由に発言できなくなる方向に持って行った、。
阿部政権は、なにもメディアを弾圧しようとなど思ってはいない、。
秘密保護を厳しく適用するという脅しをかける、、。
あるいは、たった一人の記者を不当な取材という法律違反で引っ掛ける、。
それだけで、昭和の時代でもそうだったように、メディアは自制して委縮してしまう、。
それが権力者の望んでいること、戦前と同じ構図です、。

70年間も平和国家であったのは、日本人としてのすごい努力、。
それに対する、国際的信頼というものは、日本の最大の国益、。
どこの国にいっても、日本人は殴られもしなければ、標的としてテロに巻き込まれることもない、。
それなのに、人のけんかを買って出る権利、(集団的自衛権)をもって、
アメリカの手先になって、その国益を捨てることはない、。

参考ー時事通信">時事通信

この阿部政権のような過激な思想は、過激な人々の目を覚まさせる、、。
ネット右翼とかヘイトスピーチは、言論へのテロ、、。
恐ろしい時代に堕ちてゆく、、

だけど、健全な市民の目はごまかされない、、。
阿部政権の内閣支持率は下がっている、、そして無言の人々も、
その理由は支持しないからなのかもしれない、、、、!
CATEGORY : 世の中の矛盾
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/07/04 - Fri -  21:02
未来志向
今日は蒸し暑い天気で、
雨上がりの初夏の太陽が照りつけ、熱い中、情熱の夏の訪れを
感じさせられる天気だった、、、。
気になるのは、温暖化によるこの夏の気候だ、、。
人類の高慢によって、大自然が変わってゆく、、、
大自然の怒りが怖い、、、、!

NHKのニュースをたまにみると、、NHKは政府の犬か、、?
なんとも、矛盾に満ちあふれた報道ぶりだ、、。
国営放送なら、税金で賄え、、我々庶民から受信料を強制的にまきあげておいて、、
放送するのは、、日本の国(政府)の立場に身を置くような報道ぶりだ、、。
庶民の視点に立った報道を行うべきではないのか、、?
全く庶民を愚弄している、、。

参考ー国営放送">国営放送

なかでも、、近隣諸国に於ける問題に於いて
未来志向という言葉を、いかにも正当性があるように報道する
過去を直視しないで、、未来が語れるか、、!
平和主義という言葉も、、日本の惨めな戦争があったから語れる言葉なのだ、、。
二度と戦争をしないということも日本の過去を直視して
我々庶民が誓う言葉なのだ、、、!
戦争を風化させないために、、過去の戦争の悲惨さの資料を残すのもそのためだ、、。
「原爆ドームは何故あるのだ」
戦争の恐ろしさを語り、核兵器を二度と使わないように、そして核兵器の廃絶を
世界に語るものなのだ、、。
過去を直視しないで、、未来が語れるだろうか、、?
近隣諸国に対しての日本の役目は、日本が過去に行った悲惨な戦争の
傷跡を癒し、その悲惨さを直視して、、未来へ向かって共に歩くことなのだ、、、!
それが本当の未来志向、(未来思考)というものだ、、!
そこから、、本当の平和な未来が創造されるものなのだ、、、。
阿部政権の数々の言動は、平和な未来への創造を打ち崩す、
恐ろしいものがある、、、。
平和な未来を創造するために、、今、何をしなければいけないのか、、?
分かっていても、それをしない、逆に悪循環をまねく言動ばかり、、。
阿呆か、、阿部政権は、、?
そして、NHK他それを支える庶民が多数いることが情けない、、、!
CATEGORY : 世の中の矛盾
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/21 - Wed -  21:05
科学的知見
雨の後、
今日は初夏を思わす暑さだった、、。

今日のNHKのニュースでは、
先の論文で疑惑が持たれているSTAP細胞のことで、、
「NHKは元々、STAPは存在しないのではないか」と言う趣旨の報道をした、、。
なんと、科学的知見のない報道であろうか、、?
第一、科学者は嘘をつけるのか、、?宗教ではないのだ、、!
科学は第一に実証を重んじる学問である、、。
嘘をでっち上げてなんの得に成るのだ、、それが実証されなければ意味が持たないことは
知っているのか、、?
科学というものは、他人が認めて初めて成立するものなのだ、、。
なんとも言いようのない科学的知見が無い報道だろうか、、?
文化系と言われる人間達が主導権を握り、科学の目を論じるから
こういう矛盾が生まれるのだ、、。
政治家等は、元々科学者が成っているのは観たことが無い、、。
科学的な目で国を治める力がないから、現代のように地球の社会に紛争が、
満ちあふれているのだ、、!
現代社会、文化系と言われる人間が主導権を握り、科学者を使う立場に成っている、
だからこそ、人を殺す武器や兵器が平気で生まれ、科学が常に利用される立場にある、、!
政治家や報道陣には、科学的知見がないから、、いつも矛盾の社会が生じ、争いは
絶えることがないのだ、、!

アインシュタインの言った言葉、

「知性は、方法や道具に対しては
鋭い鑑識眼を持っていますが、
目的や価値については盲目です、。」

人類は己の最大の脅威である、核兵器を生みだしている、、。
CATEGORY : 世の中の矛盾
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/15 - Thu -  21:40
阿呆晋三首相
現在のニュースでは、集団的自衛権の行使の憲法解釈の変更が
大きく話題になっているが、、
阿呆晋三首相の滑稽な答弁に驚く、、。

いつもながらの、「時代の流れと周囲の状況に合わせて」との言葉が
賛成の人達の口癖である、、。
歴史を見てみよ、、。
いつも紛争に陥った国々は、周囲の状況が変わったから武力衝突を起している、。
周囲の状況が変わらなければ、人類は武力衝突など起こしてはいないだろう、、!
時代の流れを見てみよ、、!
日本は戦前に逆戻りしていることが分からないのか、、?
これこそ、時代錯誤と思わないのか、、!
阿呆なNHKなどは、戦後のダイテンカンとの報道をしている、、。
平和を考える進歩した人類の知性は何処へやら、いってしまったようで、
日本人の知性は戦前に逆戻り、、周囲の状況も合わせて観てみよ、、、!
戦前と違うのは、武器の脅威だ、、!
「ハイテク兵器や大量殺人兵器」などが満ちあふれている、、。

戦前では、、
一度火がつけば、「武力衝突が一度起これば」、、
「最後の決着がつくまで、身を引くことが出来なくなる、。」
恐れられた言葉も無意味になる、、。
おそらく、、一瞬にして、どちらかが消滅してしまう恐れもあるだろう、、!
一国と一国との近代戦争は内戦やテロとはわけが違うのだ、、。

精神的知性は後戻りして、、進歩しているのは武器ばかりと、
人類の恐れられたことが今、日本で、世界で、はじまっている、、。

集団的自衛権の行使は、国民の生活や安全を脅かすものだ、、
話しが逆だ、、、!


なお、、日本で阿呆晋三首相が生まれたのは、、
戦後最低の投票率だった、前回の衆議院選挙で生まれたものだ、、。
清浄な民主主義で生まれた政権とは違うのだ、、、!
いつも、日本の多数を占める、無言の人達の声はどんなだろうか、、、?
良くも悪くも、阿呆首相や過激なメディアに火をつけてしまった、、。
このことで、自分の身が危険に犯されていく日本の多数の無言の人達が
目を覚ましてくれることを祈る、、、、!
CATEGORY : 世の中の矛盾
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/11 - Sun -  16:42
腹黒い阿部政権
消費税が揚り、
気がつくと大きな出費に驚いているのは私だけだろうか、、?

スーパーで買い物する時、何より目にするのは値段だ、、。
その値段には、、税込の値段が付いてない、、「何円+税」で値段が付いている、。
いちいち計算する訳でもなし、、購入するのは、より安い値段の品、、。
お金を払うレジで思わぬ金額に悩まされる、、それが重なると大出費となり、驚いている、。
これは、庶民の目を騙す悪質詐欺にも似ている、、。
何故、、最初から税込価格で売らないのだろうか、、、?
巧妙に庶民を騙す、悪質商法が現在日本で充満している、、。

最近のニュースでは、、
阿部政権では、他国を守るために武力を使う集団的自衛権を使えるように、
「自衛権発動3要件」を見直す方向で調整に入った、。
「我が国への急迫不正の侵害」の要件に、「他国に対する武力攻撃が発生し、
これにより、、国民の生命や権利を守るために、不可欠な我が国の存立が脅かされること」
を付け加える方向で、検討を進めている、、。

参考ー朝日新聞

いたずらに武力の調達を募り、他国を挑発して於いて、
名目は「国民の生命や権利を守るため」として、「我が国の存立が脅かされること」を
先に考え、日本の庶民を誑かし、日本の独裁君主としての立場を創る足固めをしている、、。
もし、火種が付けば、何よりも危険なめに合わされるのは、罪もない一般庶民である、、。

先の戦争を見てみよ、、!
政府の要人は「痛くも痒くもなくて」罪もない一般庶民が犠牲になり、その上、罪もない庶民が
戦争に徴兵されて死んでいったのを忘れた訳ではないだろう、、?
阿部政権は、その二の舞いを犯そうとしている、、恐ろしく腹黒い人物だ、、、!
なお、阿部首相は先の戦争の戦争犯罪者が祀られている靖国神社の参拝の正当性を唱えている、。
こんな人物に日本を任せて良いのか、、?

また、あるニュースでは、
長崎平和宣言起草委は、阿部伸三首相が目指す、憲法解釈の変更による、
集団的自衛権の行使容認について、「平和主義を捨ててしまうものだ」などの批判が相次ぎ、
こうした動きに反対するするメッセージを平和宣言に盛り込むよう求める意見が出た、、。

参考ー毎日新聞
CATEGORY : 世の中の矛盾
プロフィール

Ryouichi

Author:Ryouichi
They are my Poetical works.
Please sometimes visit.

Web page translation
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
Welcome Ryouichi's World
Please Click Here

FC2Blog Ranking

Please click
please click
最新コメント
最新トラックバック
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
過去ログ v Co リバース
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR